キャッチャーのスローイングの基本を3ステップで解説

野球

キャッチャーであれば、2塁へピュッと素早くスローイングができるとカッコいいし、プロを目指す選手はその質の高さが求められますよね。

キャッチャーがスローイングするときは、下半身の使い方やステップ、持ち替えなどが重要になります。

この記事では、

  • キャッチャーのスローイングを3ステップで解説
  • キャッチャーのスローイング練習で取り入れてほしいこと

などを解説します。

 

キャッチャーのスローイングの基本①:下半身の使い方やステップ

まず一番最初は構え方からお伝えしますが、今回のキャッチャーのスローイングは、肩があまり強くないと感じている方を対象にお伝えします。

肩が弱くても、身体の使い方を変えれば2塁で十分刺せるようになるので、そういった肩には少し自信がない方こそ参考にしていただきたい内容ですね。

キャッチャーの構え方

プロ野球選手を見ていると、それぞれいろんな構え方をしていますが、

構え方には決まりはなく、基本的には自分が構えやすいように構える

ということがベースになります。

キャッチャーの構え

ですので、憧れのプロ野球選手を参考にするなどして、自分に合った構え方をみつけていることをおすすめします。

捕球と同時に左足を着地

ポイントになるのが、左足の使い方です。捕球をする前に左足のつま先を少し浮かせ、捕球と同時につま先を着地させます。

左足のつま先を浮かせる

捕球と同時につま先を着地させる

前に踏み出し勢いをつける

このつま先を着地させると同時に、体重を前に移動させて勢いをつけます。

体重を前に移動させて勢いをつける

この勢いをつけることで、肩の弱い選手でも2塁へピュッと低い軌道でボールを投げやすくなります。

ここで気をつけたいことは、よく左脚の前に右脚を出してステップすると言われますが、これは動作が遅くなるのでNGです。

右脚を前に出してボールを投げる

実際に、上記でお伝えした2つのステップを比べてみてもらうとよくわかると思います。

内野手にも同じことが言えて、ほとんどのケースで「右脚を投げたい方向に踏み出して投げる」と言われますが、サイドステップで問題ありません。

キャッチャーがこういうステップをしてタイムロスをしてしまうと、それこそ刺せるランナーも刺せなくなってしまうので、個人的にはおすすめできません。

 

キャッチャーのスローイングの基本②:素早く持ち替える

前に体重移動をして適切なステップが踏めると、次は素早くボールを持ち替えていきます。

グローブを耳元に運ぶ

キャッチャーがボールを捕球した後、捕球した位置でボールを握り変えてしまうと遅くなってしまうので、捕球したグローブを素早く耳元まで運んできます。

捕球してステップする

すぐに耳元にグローブを持ってくる

その途中でボールを握り替え、ボールを耳元に持っていきます。

 

キャッチャーのスローイングの基本③:スローイング

ここまでの流れができると、後はスローイングに移るだけです。

小さく一本背負いをするように投げる

ボールを耳元に持っていけば、後はそのまま小さく一本背負いをするようなイメージでボールを投げていきます。

一本背負いをするように投げる

一連の流れとしては、このようになります。

スローイングの全体の流れ

投手の場合、腕の回転は大きくなり、このようなイメージになります。

投手の投げ方

投手の投げ方

投手の投げ方

投手の投げ方

投手の投げ方

こういったイメージで投球してしまうと、腕が描く軌道が大きくなりますよね。これだとタイムロスが大きくなるので、キャッチャーの場合、この腕の軌道を小さくするイメージを持つことが重要です。

ですので、耳元にボールを持っていけば、そのまま前の空間を小さく切るようなイメージで一本背負いを行っていきます。

そうすると、必要最小限の腕の軌道となり、より素早く2塁へ送球することができるようになります。

手首の使い方は意識しない

また、キャッチャーの方からたまに「手首はどう使えばいいですか?」という質問を受けますが、基本的には何も意識しなくて大丈夫です。

自然なスローイング動作ができていれば手首は勝手に動きますし、部分的に使おうとしてしまうと、スムーズさなくなってがかえってマイナスです。

ですので、手首の使い方には意識を向けず、とにかく前の空間を切るようなイメージだけでOKですね。

基本的にはここまでお伝えした、

  1. 捕球と同時に左足のつま先を着地して前に踏み出す
  2. 素早くボールを持ち替える
  3. 一本背負いをするようにスローイングを行う

この3つのステップができれば、肩の弱い選手でも素早く2塁へ送球できるようになります。

 

キャッチャーのスローイング練習で取り入れてほしいこと

キャッチャーの練習方法はいろいろありますが、以下の4つの方法はぜひ練習で実践してほしいなと思います。

①座ったままスローカーブを投げる

まずキャッチボールなどで行ってほしいのが、30mぐらいの距離をとって座った状態でスローカーブを投げるということです。

ここでの目的は、

リラックスしたスローイング動作を身体にインプットさせる

ということです。

ですので、スローカーブを投げるというイメージよりも、カーブを投げるような握りでボールを抜くように投げていきます。

また、慣れてくれば耳元でボールを構え、そこから一本背負いをするようなイメージでスローカーブを投げます。そして、肩が慣れてくればまっすぐの握りに変え、通常のスローイングに直します。

流れとしては、

  • 座ったまま、15mぐらいの距離でスローカーブを投げる
  • 徐々に距離を伸ばしつつスローカーブを投げる
  • 耳元でボールを構え、一本背負いをするようにスローカーブを投げる
  • 握り方を変えて、通常のスローイングに直す

こういったイメージですね。ある意味、キャッチャー専用の専門的ウォーミングアップみたいになるので、これは守備練習などの前に入れるとより送球がしやすくなります。

②いろんな体勢からスローイングする

上記のような流れで肩が作れると、次はいろんな体勢からスローイングをする練習を行います。

いろんな体勢から送球する

いろんな体勢から送球する

いろんな体勢から送球する

いろんな体勢から送球する

もちろん左右だけではなく、

  • 低めや高めのボール
  • ショートバウンドや極端にバウンドしたボール

など、いろんなバリエーションで捕球してからスローイングを行います。

この練習のときに経験した動作は、試合のときに起こったとしても咄嗟に対応できるようになるため、できるだけいろんな体勢からスローイングを繰り返すようにします。

いろんな握りでスローイングをする

また、もう1つ大事なこととして、

いろんな握りでスローイング練習をしておく

ということがあげられます。

キャッチャーのスローイングほど、いろんな握りや縫い目のかかりで投げなければいけない状況もないと思います。

イメージとしては、このようにいろんなパターンの握りでスローイングを行っておきます。

いろんなボールの握り方

いろんなボールの握り方

いろんなボールの握り方

そうすると、いざ試合で握りが微妙であっても対応できるようになるため、こういう握りをあえて崩したスローイング練習も重要ですね。

握り替えの練習

あともう1つは、握り替えの局面だけを切り取った練習ですね。

握り替えの練習

全体の流れの中で行えることも重要ですが、グローブから手にボールを握り変える速度は、繰り返し練習すれば速くなります。

ここのちょっとした時間短縮で、アウトにできる確率も高まるため、こういう握り替えのみの練習もぜひ行ってほしいなと思います。

 

まとめ

今回は、キャッチャーのスローイングの基本や練習方法について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • キャッチャーの構え方は、基本的に自由
  • 捕球すると同時に、左足のつま先を着地させる
  • 一歩前に踏み出し勢いをつける
  • 捕球したらグローブを耳元に運び、素早くボールを持ち替える
  • そこから一本背負いをするようにスローイングに移る
  • 練習では握り替え、いろんな握り・体勢でスローイングを行う

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容が、スローイングに悩んでいたキャッチャーのお役に立てると嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

もし肩肘の痛みやバッティングに悩んでいる方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

無料体験・相談を随時受付中!


IzuruStyleでは理想の身体になりたい方を応援しており、1人ではできない、何をしていいかわからない方はぜひ一緒に理想の身体を目指しましょう。無料体験も行っており、まずは気軽にご相談くださいね!

無料体験はこちら≫


IzuruStyleについて≫



シェイプアップ・ダイエットのパーソナルトレーニングを受ける前に≫シェイプアップ・ダイエットのパーソナルトレーニングを受ける前に
筋肉をつけるパーソナルトレーニングを受ける前に≫筋肉をつけるパーソナルトレーニングを受ける前に
痛み改善・健康のパーソナルトレーニングを受ける前に≫痛み改善・健康のパーソナルトレーニングを受ける前に
野球選手がパーソナルトレーニングを受ける前に≫野球選手がパーソナルトレーニングを受ける前に

その他のコースなど

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。