野球がうまくなりたい選手にトレーナーが伝えたい20のこと

野球

野球がうまくなりたいと思う選手は、自分が憧れる選手や目標に少しでも近づきたいと思って日々の練習を頑張っていますよね。

そんな選手が、今よりも野球がうまくなるために練習を重ねることも重要ですが、身体の使い方やコンディショニングトレーニングを知ることでよりレベルアップできると思います。

この記事では、野球選手がうまくなるために必要な、

  • 打ち方
  • 投げ方
  • 走り方
  • コンディショニング

などについて、詳しく解説した記事をまとめています。野球がうまくなりたいと思う選手は、全てに目を通していただくと、今やるべきことが明確になると思います。

ぜひ今よりもレベルアップするために、記事の内容を参考に野球選手として成長してほしいなと思います。

 

今回の記事の内容

野球がうまくなりたい選手に伝えたいこと:打ち方編

バッティングが良い選手には数多くの特徴がありますが、身体を自然に使った打ち方に変えることで、ほとんどの選手は今よりもバッティングが向上するはずです。

それぐらい身体を自然に使うことは重要ですが、以下の記事では、そんな打ち方や身体の使い方について解説しています。

野球の打ち方やバッティングのコツをトレーナーが4ステップで解説

打ち方のポイントは、構え・軸足で立つ・体重移動・スイングの4つですが、各局面でそれぞれポイントがあります。

そのポイントをおさえた上でバッティングをすると、1日で打球の質や打ち方が変わります。この記事は、バッティングに悩む方におすすめしたい記事ですね。

詳細はこちら≫

知らないと損をするバッティング時の手首の使い方とは

バッティングのとき、手首の動きを意識してしまうと、バットをこねるようになりあまりプラスになりません。

それよりも自然な形で身体を動かし、特に手首に意識を向けない方がより良いバッティングができます。この記事では、バッティング時の手首の使い方について解説しています。

詳細はこちら≫

バッティング時に体が開く癖を改善するシンプルな3つの方法

バッティングのときに身体が開いてしまうと、どうしても打球が飛びづらかったり、ボールに対して大きな力を加えることができなくなってしまいます。

身体が開く癖がある選手は、なぜ身体が開いてしまうのか、またどうすれば身体の開きを抑えられるのか。そんな内容をお伝えしています。

詳細はこちら≫

バッティング時にタイミングが合わない原因と4つの改善方法

投手やマシンとのタイミングが合わず、なかなか思ったようなバッティングができない選手もいるかもしれませんが、その原因は大きく分けて4つ考えられます。

原因によって改善方法は変わりますが、タイミングがうまくとれるようになるための方法をご紹介しています。

詳細はこちら≫

 

野球がうまくなりたい選手に伝えたいこと:投げ方編

ピッチャーの場合、投げ方を変えることでパフォーマンス向上する選手は非常に多いと思いますし、肩肘を痛めてしまう選手も投げ方を変えることで改善できるはずです。

ここからは、主に投げ方のポイントをまとめた記事をご紹介します。

ピッチャーの基本的な投げ方を3ステップで解説

ピッチャーの投げ方は、シンプルに考えると3つの局面に分けられます。軸足に体重を乗せる・体重移動・投球、この3つの局面それぞれにポイントがあります。

ちょっとしたことがコントロールに大きく影響したりするため、ぜひ自分のフォームをチェックするときに活用してほしい内容をお伝えしています。

詳細はこちら≫

肩・肘が痛くならない投げ方を習得する3つのステップ

ボールを投げるときに肩・肘が痛くなってしまう選手も多いと思いますが、主な原因は投げ方にある可能性が高いです。

投げ方に問題がある場合、投げ方そのものを改善することで痛みは改善できます。肩肘を痛める原因と改善方法を詳しく解説しています。

詳細はこちら≫

キャッチャーのスローイングの基本を3ステップで解説

肩が強いキャッチャーは、ある程度ステップがまずくても2塁で走者を刺すことができますが、肩が弱いキャッチャーはステップなどに工夫が必要です。

この記事では、キャッチャーのグローブの使い方、持ち替え、ステップなどを解説しています。

詳細はこちら≫

 

野球がうまくなりたい選手に伝えたいこと:走り方編

野球選手は短い距離を走ったり、練習中にランニングをすることもよくあると思います。

そんなときの走り方1つでより速く走れるようになったり、疲れにくい走り方ができたりします。ここからは、走り方についてまとめた記事をご紹介します。

速く走るために知っておきたい短距離の走り方・フォーム

短距離を速く走るためには、膝を高く上げたり、つま先で地面を蹴るようなことをやめることです。

膝や腕を前に出し、重心を進みたい方向に運べば今よりも速く走ることは可能です。この記事では、より速く走りたい選手におすすめですね。

詳細はこちら≫

ランニングで疲れにくい走り方を実践する3つのポイント

一生懸命ランニングをしてしまうと、どうしても動きが硬くなり疲れやすくなってしまいます。リラックスして走ることで、より快適に気持ち良く走ることができます。

この記事では、ランニングをするときに実践してほしい走り方を解説しています。

詳細はこちら≫

 

野球がうまくなりたい選手に伝えたいこと:コンディショニング編

ここからはコンディショニングについてまとめていますが、コンディショニングを整える・向上させることで野球選手としてのベースアップができます。

土台がしっかり大きくなることで、その上に積み重なるスキルや戦術なども大きくなり、個人やチームとしても強くなることができます。

プロ野球選手を目指している選手や高いレベルで野球をしたい方は、ぜひここからのことを理解実践してほしいなと思います。

コンディショニングの意味を語る上で重要になる「5つの要素」とは

コンディショニングとは、身体的・精神的・防衛的・栄養・休養の5つの柱からなっており、これらを向上させることでより高いパフォーマンスを発揮することができます。

この記事では、そもそもコンディショニングとはどういうものなのか、それぞれを高める方法なども解説しています。

詳細はこちら≫

野球選手がウエイトトレーニングを行う必要性とは

野球選手がウエイトトレーニングをすると、パフォーマンスが下がるようなことも言われますが、問題はやり方です。

やみくもにやればマイナスになる可能性はありますが、適切な方法でウエイトトレーニングを行えば必ずプラスになります。

この記事では、ウエイトトレーニングの考え方や実践例をご紹介しています。

詳細はこちら≫

野球選手のスイングスピードを上げることに成功した5つの方法

スイングスピードを向上させるためには、バットを使ったトレーニングやスイングそのものを変えることです。

スイングスピードを向上させることでより打球が飛ぶようになるため、ホームランを打ちたい方はぜひ参考にしてみてください。

詳細はこちら≫

持久力(スタミナ)をつけるトレーニング方法と「60%」の本質を解説

持久力(スタミナ)を向上させることで、より練習をこなせるようになるため、野球選手も持久力を向上させることは重要です。

そのためにおさえておくべき持久力トレーニングの本質や「60%」を守るべき理由などを解説しています。

詳細はこちら≫

敏捷性(アジリティ)と俊敏性(クイックネス)の本質やトレーニング方法とは

毎日より身体を素早く動かすためには、クイックネストレーニングが必要であったり、バント処理をより速くするためにはアジリティ能力が重要になります。

この記事では、俊敏性や敏捷性といったよく聞くけど、本質的にあまり知られていない内容をお伝えしています。

詳細はこちら≫

スポーツ選手必見!運動前のストレッチングが逆効果になる理由

ウォーミングアップのとき、あるポージングをとって数十秒間筋肉を伸ばし続けるような方法でストレッチングを行うと、パフォーマンスが下がる可能性があります。

ストレッチングを行う際に気をつけてほしいことなどを解説しています。

詳細はこちら≫

コーディネ―ション&コオーディネーショントレーニングとは

スキルや技術を向上させる上では、コーディネ―ショントレーニングやコオーディネーショントレーニングを行うことも必要になります。

どうすれば身体を自由自裁に動かせるようになるのか、うまくなるためにはどうすればいいのかなどを解説しています。

詳細はこちら≫

ウォーミングアップの意味や野球選手に指導する5つの方法

ウォーミングアップをするとき、ただランニングをしてストレッチをするだけではなく、適切な手順で行えばより身体を動かしやすくなります。

この記事では、ウォーミングアップでおこなってほしいことや、体操の具体的な手順を解説しています。

詳細はこちら≫

静的(スタティック)ストレッチングとは?18種類のやり方も解説

クールダウンで行ってほしいことの1つに、静的ストレッチングがあります。

この記事でご紹介している方法を実践してもらうと、次の日の身体の状態が良くなるので、ぜひ実践してほしい内容をまとめています。

詳細はこちら≫

トレーナーが伝える野球選手におすすめしたい3つのバランストレーニングとは

バランストレーニングを適切に行うことで、軸足にしっかりと体重が乗せられ、その結果パフォーマンス向上につながることがあります。

一般的にはバランスボールに乗ってトレーニングを行ったりしますが、この記事では野球選手に必要なバランストレーニングの本質ややり方を解説しています。

詳細はこちら≫

野球選手に役立つ体幹トレーニングのメニュー10種目と具体的な方法

体幹トレーニングとは、ただ腹筋や背筋をすることではなく、野球の動きで使われる形で体幹を強化する必要があります。

そもそも体幹とはどの部分をいうのか、どのような体幹トレーニングをすればいいのかなどを解説しています。

詳細はこちら≫

 

無料体験・相談を随時受付中!


IzuruStyleでは理想の身体になりたい方を応援しており、1人ではできない、何をしていいかわからない方はぜひ一緒に理想の身体を目指しましょう。無料体験も行っており、まずは気軽にご相談くださいね!

無料体験はこちら≫


IzuruStyleについて≫



シェイプアップ・ダイエットのパーソナルトレーニングを受ける前に≫シェイプアップ・ダイエットのパーソナルトレーニングを受ける前に
筋肉をつけるパーソナルトレーニングを受ける前に≫筋肉をつけるパーソナルトレーニングを受ける前に
痛み改善・健康のパーソナルトレーニングを受ける前に≫痛み改善・健康のパーソナルトレーニングを受ける前に
野球選手がパーソナルトレーニングを受ける前に≫野球選手がパーソナルトレーニングを受ける前に

その他のコースなど

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。